防犯カメラを導入すれば心配御無用|心強い生活の味方

実は簡単に取り付けが できるようになっているんです!

偽物のカメラ

セキュリティカメラ

監視カメラは犯罪抑制や、現場の証拠、情報などを記録に残すために使われるものです。その監視カメラにはダミーが存在します。このダミーカメラは、犯罪抑制において高い効果を発揮するのでチェックしておきましょう。

もっと読む

ネット上から監視

婦人

ネットワークカメラは最近とても人気が高くなってきています。遠い場所に離れていたとしても、ネット上から映像を見ることができるのです。実用性が非常に高いのが魅力の一つといえます。

もっと読む

防犯意識を高める

積み木と鍵

犯罪は昔から絶えることはありません。今後も増大するか減少するか停滞するかのどっちか一つだといえるでしょう。いつの時代にも存在する犯罪被害に遭うリスクを少しでも減らすために高い防犯意識を持つと良いといえます。特に自宅で空き巣の被害に遭うリスクをなくすために防犯カメラを導入してみましょう。しかしいきなり防犯カメラを導入してみようといわれても、何をどうすれば良いかすぐには分からないと思います。だからまず最初に防犯カメラの選び方を紹介していきます。防犯カメラを選ぶ時は、まず画素数をチェックしましょう。画素数は、防犯カメラ以外にもスマートフォンなどのカメラ機能などでも存在するものです。既にご存じかと思いますが、画素数は高ければ高いほど映像がきれいになります。
防犯カメラにおいて画素数は大事です。しかし玄関前を監視する場合であれば画素数は低くても問題ありません。画素数は高くなると、値段も高くなる傾向にあります。だから必要以上に画素数が高い必要はないといえるでしょう。あまり距離が離れていない場所を監視する際はアナログレベルの画素数があれば十分です。大体40万画素くらいあれば良いといえます。画素数で悩んだ場合は、店員に聞いてみると良いでしょう。他にもネット上で映像をチェックすることができるウェブカメラというものもあります。このウェブカメラは、自宅にパソコンなどのインターネットが繋がった端末さえあればリアルタイムで監視することができるのでおすすめです。画素数とウェブカメラの2つを参考に防犯カメラの導入を検討してみてはいかかでしょうか。心強い生活の味方となります。

コンセント不要なカメラ

防犯

近年ではワイヤレスの防犯カメラが人気を集めています。ワイヤレスなので、コードや電源が必要なく、電気が通っていないような場所でも、しっかりと防犯カメラの役割を果たしてくれます。

もっと読む