神経がない歯のホワイトニングについて

神経がない歯のホワイトニングについて

神経がない歯は時間が経つとともに、明るさが落ちて暗い色になってしまいます。他の歯と色合いが違いますので、人前で大きな声を出して笑うことに抵抗ができてしましますよね。では神経がない歯のホワイトニングはどのように行われるのでしょうか。普通のホワイトニングの方法では白くすることができませんので、特殊なホワイトニングをする必要があります。まずは、ウォーキングブリーチです。神経を取った歯の中にホワイトニング剤を入れる方法です。一週間ぐらいかけて歯が白くなっていきます。一般歯科でも取り扱いをしていますので保険が適用されます。次にインターナルブリーチです。神経を削った歯の中にホワイトニング剤を入れるのは、ウォーキングブリーチと似ています。しかし、インターナルブリーチの場合は歯の中にホワイトニング剤を入れた後に専用のライトやレーザーを神経のない歯にあてて白くします。プラトスマイルやズームなど効果の高い方法を組み合わせることによって、より効率的にホワイトニングを行うことが可能です。数回に分けて行われるウォーキングブリーチとは異なり一回で歯の白さを実感することができます。手軽に歯を白く見せたいという方にはマニキュアがおすすめです。歯科専用のマニキュアは、神経のない変色してしまった歯に使うことでマスキングをして白く見せることが可能です。費用によってマスキングの効果が違いますので、自分に合った効果を持つマニキュアを選択しましょう。少し高額になりますが歯を削りたくない方には、歯のスカルプチャーがおすすめです。歯に極薄のスカルプチャーを付ける付け爪のようなものです。ホワイトニングの方法は様々ありますので、自分に最適なものを選択しましょう。
歯を白くする歯磨き粉で口コミ評判が良いのは?